2013 年度第 2 四半期 上場建設会社 59 社の受注・業績動向調査

Summary Report in English 

官民ともに大幅増加、受注高合計前年同期比 43.8%増           ~方、売上総利益率は 4 割弱の企業が悪化~

はじめに>>                            2013年度予算では、公共事業費が前年度の4.6兆円から15%増の5.3兆円規模となり、昨年度の緊急経済対策の補正予算と合わせて総額10兆円超の公共事業が始動。TDB景気動向調査(全国)でも、11月の建設業の景気DIは前月比1.8ポイント増の56.6となるなど5カ月連続で改善し、4カ月連続で過去最高を更新。増税前の駆け込み需要や震災復興で新築・改修工事、公共工事が佳境を迎えているほか、住宅建築にともない内装工事が増加。また、病院や介護施設などの福祉関連や設備投資に伴う建設需要など、官公庁や自治体だけでなく、民間からの発注も好調に推移している。しかし、一方で建設労働者不足に伴う建設コストの高騰や円安に伴う資材価格の高騰などにより入札が不調に終わるケースも散見されるほか、来春の消費税増税後の反動減など懸念材料も多い。

帝国データバンクは、全国の上場建設会社の2013年度第2四半期の決算短信から、単体ベースの受注高、および連結ベースの売上高、売上総利益、経常損益について、前年同期との比較・分析を行った。調査対象は、上場している主要建設会社59社(6月および9月期決算を除く)で、受注高については、単体ベースで前年度との比較が可能な45社。

調査結果>>

<1>.上場建設会社 59社のうち、受注高が判明した 45社の受注高(単体ベース)は合計で 5兆 8302億 6000 万円(前年同期比 43.8%増)となった。45 社のうち、受注の内訳(官・民・海外など)が判明している建設会社は 37社あるが、そのうち 8割強の 28社で官公庁工事が増加し、9割強の 34社で民間工事が増加するなど、官民ともに建設市場の拡大がうかがえる。

<2>. 2013 年度第 2四半期の売上高(連結ベース、以下同様)は、合計で 5兆 9000 億 1600 万円(前年同期比 9.8%増)となった。

<3>. 2013 年度第 2四半期の売上総利益は、合計で 4431 億 7000 万円(同 16.3%増)となった。4割弱の企業で売上総利益率が悪化した。

<4>. 2013 年度第 2 四半期の経常損益の合計は 1273 億 300 万円(同 131.8%増)となった。9 割弱の企業で経常損益が改善している。

1.受注高動向~45 社合計の受注高、前年同期比 43.8%増、45 社中 43 社が増加

59 社のうち、前年同期との比較が可能な 45社の 2013 年度第 2 四半期の受注高合計(単体ベース)は、5兆 8302 億 6000 万円となり、前年同期比 43.8%増と大幅な増加なった。震災後の復旧・復興工事以外にも国土強靭化による防災、減災などの公共工事やマンション工事など建設市場の回復が浮き彫りになっており、2012 年度第2四半期調査時(前年同期比 2.4%増、対象企業数 48社)と比較しても、2013 年度第 2四半期の受注高の増減率が大幅にアップしていることがわかる。なお、45社のうち、43社の受注高が増加しており、受注高が減少したのは、わずか 2社にとどまった。

受注高の増減率ランキングは以下の通り。増減率上位は、第 1位が大本組の+135.8%で、以下、戸田建設の+109.4%、鹿島建設の+81.5%と続く。上位 10社の顔ぶれを見ると、民間受注の増加が鮮明となっており、増減率が前年同期比+100%を超えている企業が 6社ある。一方、増減率下位は、第 1位は青木あすなろ建設の▲5.2%で、以下、金下建設の▲2.2%、鈴縫工業の 4.0%と続く。

45社のうち、官民などの受注の内訳が判明し、前年同期との比較が可能な企業は 37社。そのうち 8割強の 28社で官公庁工事が増加し、また 9割強の 34社で民間工事が増加するなど、官公庁工事とともに民間設備投資や住宅投資が大幅に持ち直していることがうかがえる。

2.売上高動向~59 社合計の売上高、前年同期比 9.8%増、8 割強が増収に

59 社の 2013 年度第 2 四半期の売上高合計(連結ベース)は、5 兆 9000 億 1600 万円となり、前年同期比9.8%増となった。59社のうち50社、8割強が増収となっている。

しかし、前述の通り、受注高の増減率が2012年度第2四半期と比較し、41.4 ポイントと大幅に改善したのに対し、売上高の増減率は、2012 年度第 2 四半期調査時(前年同期比5.8%増、対象企業数 62社)と比較しても、4.0ポイントの改善にとどまるなど、まだ受注の増加が売り上げに寄与していないことがわかる。

受注高はゼネコンの業績の先行指標と見られるが、来年度以降、売上高が増加する企業が多いものと予想される。

売上高増減率のランキングは右表の通り。増減率上位の第 1位は金下建設で+74.7%となっており、以下、 大本組 の+39.8%、東洋建設の+35.0%と続く。前年同期は、道路工事業者が上位に名を連ねたが、2013 年第 2四半期は、第 7位の大林道路のみにとどまっている。 一方、増減率下位の第1位は日鉄住金テックスエンジの▲13.1%で、以下、森組の▲12.4%、佐藤渡辺の▲12.0%と続く。(2013 年 10 月に太平工業(株)が(株)日鉄エレックスを吸収合併し、商号を日鉄住金テックスエンジ(株)に変更している。)

3.売上総利益動向~59 社合計の売上総利益率、前年同期比横ばい、4 割弱が悪化

59 社の 2013 年度第 2 四半期の売上総利益の合計は 4431 億 7000 万円となり、前年同期比 16.3%増となった。また、59 社合計の売上総利益率は、7.5%となり、前年同期の 7.1%と比較し、ほぼ横ばいとなった。なお、59 社のうち、4 割弱の 23 社で売上総利益率が悪化しており、労務費や資材など建設コストの高騰が影響したものと見られる。ただし、売上総利益率が一番悪化した企業でも 2.2ポイントの悪化にとどまっており、むしろ今後、国土強靭化計画、東京オリンピック関連工事の本格化など人手不足が深刻化し、更なる売上総利益率の悪化が懸念される。6

売上総利益率のランキングは以下の表の通り。売上総利益率上位は、第 1 位が矢作建設工業の18.4%で、以下、第一建設工業の 15.3%、ライト工業の 14.4%と続く。一方、売上総利益率下位は、第 1位が錢高組の 2.2%で、以下、飛島建設の 4.0%、大豊建設の 4.1%と続く。

78

4.経常損益動向~59 社合計の損益、前年同期比 131.8%増、9 割弱が損益改善

59 社の 2013 年度第 2 四半期の経常損益の合計は 1273 億 300 万円となり、前年同期比131.8%増となった。経常損益の分布を見ても、59社のうち、増収に加え、販売管理費削減、受け取り配当金の増加などの結果、増益や黒字転換、赤字幅縮小など 9 割弱の 52 社で損益が改善している。

9

経常損益合計の増減率は、2012 年度第 2 四半期調査時(前年同期比▲23.7%、対象企業数 62 社)、2012 年度調査時(前年度比▲10.2%、対象企業数 63 社)と減少が続いていたが、2013年度第2四半期は前述の通り大幅なプラスに転じており、経常損益は大幅な改善を示していることがわかる。

10

今後の見通し

2013 年度予算と昨年度の補正予算を合わせて総額 10兆円超の公共事業の執行に加え、消費増税前の駆け込み需要や景気回復による民間需要の拡大も見られ、官・民両輪のフル回転に支えられ各社の受注が増加するなど建設市況はここに来て大きく改善している。来年度以降も受注増による業績の拡大が見込まれるほか、今月 4日に成立した国土強靭化関連 3法による更なる政府の取り組みの強化、東京オリンピック関連工事、リニア中央新幹線と建設投資拡大につながる大型案件が目白押しで、建設業界はバブルを彷彿させる状況になりつつある。

しかし、一方で、東日本大震災前までの建設市況の低迷に伴い、業界全体として人員を削減してきたことに加え、折からの若者の建設業界離れにより、人材不足が問題となっており、近時の受注増に対応しきれず、人手不足による労務費を中心とした建設コストの高騰、工事入札の不調、工期延期など、経営環境は日々深刻さを増している。また、円安に伴う輸入建材の価格高騰も懸念材料となっており、工事受注が増えても、利益率の低下を余儀なくされ、今後、さらに業績が悪化する企業が出てくる可能性も否定できない。

特に人手不足は、国土強靭化計画や東京オリンピック関連工事の本格化により更に深刻化する懸念を内包しており、政府として何らかの緊急対策を検討する必要があろう。今後は、国や地方自治体は建設業の担い手の育成に目を向けるべきであり、企業は選別受注やコスト削減など企業努力を進め、適正な工事に対し、適正な利益をあげられる体制づくりが急がれる。

11

12

13

※ 安藤・間は 2013 年 4 月に安藤建設と間組が合併したことにより、前年同期比との比較ができないことから、対象から除外した。また大和小田急建設は 2013 年 6 月に子会社を吸収合併したことにより、非連結決算となったため、同様な理由で対象から除外した。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s